薬剤師の働き方

薬剤師の働き方は多種多様です。勤務形態も正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員といったものまであり、勤務先も調剤薬局のみならず病院勤務や製薬会社・ドラッグストア、などがあります。

新卒の方は大半正社員の求人を探すと思います。正社員はやはり社会保険や福利厚生、その他研修が充実しているため安定した収入に加え自身のステップアップになるでしょう。けれども同じ正社員であっても店舗の閉店や大手の買収によって雇用形態の変化等があるかもしれません。そのため薬剤師として働く上で求人先を見る際に、求人サイトで経営状況などを確認してから応募をしましょう。

また、主婦の方ではパートで働きたい方もいるでしょう。パート勤務であれば子育てやプライベートと両立して仕事ができるのが大きなメリットです。ブランク期間があり、少しずつ仕事に慣れていきたい方にもパート勤務はおすすめでしょう。薬剤師の求人はパート勤務も多く募集している職種ですので求人サイトで探してみましょう。また、所定労働時間を満たせばパートでも社会保険の加入ができるのも魅力的です。

薬剤師の勤務先の約半数は調剤薬局です。以下病院や製薬会社が多いです。その他大学の研究者や保健所勤務などがあります。薬剤師の資格を取得した人の多くは専門を生かすためイ調剤薬局や製薬会社の勤務を目指している方大半だと思います。専門性を生かせるこれらは人の命に携わっていることを実感でき非常にやりがいのある仕事だと感じられますし、収入も安定しているでしょう。ドラッグストアは敬遠されがちですが近年調剤薬局よりもドラッグストアの拡大が広がっており店長を目指すなどの目標をたてて働くといったものも良いでしょう。

薬剤師はこれから買い手市場になるとも言われています。自分がどのように働きたいのか、どういう将来を目指したいかを考えましょう。また、転職を考えている方も参考にし求人を探しましょう。

 

求人サイトの利用方法

薬剤師への転職を検討されている方や就職先を探している人が活用する求人サイトがあります。薬剤師の求人サイトは日本では多数あり、現在注目を集めている求人探しの方法の一つです。求人をさがすだけでなく自分の希望にあった求人先、そして採用になるまで求人サイトが履歴書や職務経歴書・面接対策などをサポートしてくれるところもあります。また、薬剤師求人サイトを登録して毎日求人先をチェックすることで薬剤師求人に関する情報に詳しくなれ、そのなかから自分にあった求人先をみつけられるのもメリットです。

薬剤師求人サイトの登録は複数の求人サイトに登録することをおすすめします。各サイトのみに掲載されている求人先もあるため複数の求人サイトに登録することでできるだけ多くの求人先をみることができます。また、求人サイトはコンサルタントも様々なため、どの求人サイトのコンサルタントが自分とマッチングするか、自身で調べていくと良いでしょう。

求人サイトを登録する際には、利用者の満足度が高いサイト、そして求人先の情報をしっかり網羅しているサイト、非公開求人が多いサイトなどを登録しましょう。また、キャリアコンサルタントがスムーズに相談にのってくれる求人サイトを探します。

求人サイトに登録して自分に好条件の仕事先を見つけましょう。